バルミチン酸レチノール

バルミチン酸レチノール

レチノールとはビタミンAのことで、角質の代謝を促進してターンオーバー(お肌が生まれ変わる周期)を正常化したり、 真皮の働きを活性化してコラーゲン生成を促すことで、しみ、しわ、にきびなどの改善に効果的な成分です。
一方、パルミチン酸レチノールとは、レチノールの浸透を高める目的で、皮膚と同じ疎水性(水をはじく性質)を示す ]パルミチン酸という化学構造をレチノールに加えることによって、通常のレチノールと比べ肌への浸透性を格段にアッ プさせたビタミンA誘導体です。期待される効果はレチノールと同じですが、その度合いが段違いに大きく、パルミチン 酸レチノールは角質の硬化異常を治療する医薬品として使用される場合があるほどです。

@リポ酸

αリポ酸

別名をチオクト酸と言います。アルファリポ酸は非常に強力な抗酸化防止剤で、ビタミンC、ビタミンEの約400倍という究極の抗酸化ビタミンともよばれており、肌の老化の原因となる活性酸素を除去することで美肌効果が期待できます。 通常の抗酸化物は水溶性か油性かのどちらかですが、アルファリポ酸は分子が小さいので、細胞膜の内側や体内のあらゆる所に移動し、紫外線やお肌のストレスによるしみやたるみなどの老化の原因となる酸化やダメージを食い止めます。
アルファリポ酸の美容効果のメカニズムとしては、肌の毛細血管まで移動することが出来るので、お肌の血色が良くなり、新しい皮膚の再性を促す働きがありますので化粧水やクリームなどの化粧品で直接肌へ補給するのに大変優れている成分です。
ジャガイモ、ほうれん草、ブロッコリー、トマト、ニンジンなどの野菜やレバーなどの肉類に豊富に含まれ、体内では細胞レベルでのエネルギー生成や他の酵素が働くために欠かせない成分で、非常に強力な酸化防止の役割をします。 特徴的なのはそれ自体に強い酸化防止の働きがあるだけでなく、他のビタミンC、ビタミンE、CoQ10、グルタチオンなど、一度使われた抗酸化物を体の中で再びリサイクルさせる働きがあることも発見されています。

サクシニルアテロコラーゲン

別名を水溶性コラーゲンと言います。もともと肌の中にある成分で、アミノ酸からできています。保湿剤として水分の含量を多くし、皮膚につけると膜をはり、ほこり、光、熱などから肌を守り乾燥を防ぎ皮膚の弾力性を保持する効果があります。コラーゲンには、水溶性コラーゲンと不溶性コラーゲンがあり、 水溶性コラーゲンは生体組織内で、その分子が自由に入れ替わることのできる交差結合を起こしていないコラーゲンで、皮膚に保水性・弾力性を与えます。また、加齢や紫外線にさらされた皮膚は、コラーゲンの交差結合が増加し不溶性コラーゲンが増えるために、弾力と水分保持力が減少し、しわが形成され、皮膚は老化します。コラーゲンは、水分保持力、弾力性を増すので、皮膚の老化防止、若返りの目的で化粧品に配合されています。
サクシニルアテロコラーゲンはサクシニル&アテロコラーゲンという意味で、アテロコラーゲンとは人体がアレルギー反応を示す元になるアレルゲンの可能性となるテロペプチドを取り除くアテロ化処理をしたコラーゲンのことです。
サクシニルアテロコラーゲンとは、アテロコラーゲンをさらにコラーゲンの側鎖アミノ基をサクシニル化することにより、コラーゲン同士が固まりにくい構造に処理したもので、よりコラーゲンを人体に最適化しています。そのため、これからの化粧品業界では、単なるコラーゲンではなくサクシニルアテロコラーゲンとして化粧品に使用される機会が増えていくと考えられています。 皮膚の老化防止用化粧品の他にもシャンプーやトリートメントなど頭髪用化粧品にも配合されています。

スーパーヒアルロン酸

別名アセチルヒアルロン酸Naと言います。
ヒアルロン酸とはアミノ酸の一種であるムコ多糖で、炭素、水素、酸素、窒素から構成されています。たった1グラムでバケツ1杯分6リットルもの水分を抱える高い保水力が有名で、人間の皮膚や眼球、関節、血管に多く含まれるゼリー状の成分が、細胞間の隙間を埋めたり、関節の潤滑作用や血管の動脈硬化予防する働きがあります。
ヒアルロン酸は年齢とともに体内から減少し、仮に20才を100%とした場合、30才で70%、50才で40%、60才で25%まで減るとも言われています。
皮膚は表面から表皮・真皮・皮下細胞の順に構成されていますが、ヒアルロン酸は特に真皮に多く含まれており、加齢によって真皮でのヒアルロン酸が減少すると水分維持ができなくなり、しわ、たるみ、乾燥肌の原因になります。
ヒアルロン酸の分子構造はアミノ酸と同じで高分子の糖類で、体内に残りやすい反面、皮膚からの吸収が悪いので、美容医療において肌のしわ、たるみに対して直接注入する方法がとられているのはこのためです。
スーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸)はバイオ技術から生まれた天然由来の優れた保湿剤にアセチル基(CH3CO-)を導入した新しいヒアルロン酸で、一般的に化粧品に使用される分子量が120万前後なのに対しスーパーヒアルロン酸の分子量は10万程度なので、通常のヒアルロン酸の1/10という分子量が小さいのが特長です。
水溶性と脂溶性という2つの性質を持ち、さらにお肌へのなじみも向上させた、いわば進化したヒアルロン酸と言えます。
分子量が小さいためベタツキが少なくサラッとした使用感で、アルコールやグリセリンに溶けやすく、特に吸湿性のあるグリセリンと併用することで肌に水分を抱える力が飛躍的に高まり、通常のヒアルロン酸の約2倍の水分保持力・保湿力がUPしました。

ナイアシンアミド

ナイアシンアミド

ビタミンB群に属するナイアシン誘導体で水溶性のビタミンB3とも呼ばれています。臭いは無く、米ぬか、酵母、牛肝臓などに多く含まれます。
保湿、消炎、血行促進効果が期待され、肌荒れやくすみを改善する目的に化粧品に配合されており、健康な肌を保つために必要な成分です。
血行促進効果が肌のくすみを改善し、皮膚を保護する角質細胞間脂質の合成を促進する働きが肌荒れを改善します。

トコフェロール

トコフェロール

脂質に対する抗酸化作用がある天然ビタミンE成分です。肌の老化や肌荒れの原因となる活性酸素を抑えて過酸化脂質の発生を防ぎ、 さらには皮膚の抹消血管を拡張して血液循環を促進する働きもあるため、肌の老化防止やくすみ対策の成分として化粧品に配合されますが、 その他、発毛促進剤にも利用されるほか、医薬品として内服・外用に使われることもあります。

カルノシン

グルコース(ブドウ糖)は細胞のエネルギー源となりますが、過剰な糖分とたんぱく質が結びついて生じるグリケーション=糖化は、 しわやたるみを引き起こす原因となります。肌の70%はたんぱく質で構成されており、糖と結びついて変形したたんぱく質になることで、 弾力性のない硬い肌、乾燥、くすんだ肌色、たるみなどが生じます。特に日本人の肌は、他の人種と比べて深いしわが出来にくいかわりに、 たるみや黄色味かかったくすみが出やすいため、老化防止対策として抗糖化化粧品は効果的です。 カルノシンは牛肉や豚肉の肉類に多く含まれるペプチドで、余分な糖分を排出して糖化を防ぐ成分です。

DMAE

DMAE

別名を酒石酸ジメチルエタノールアミンまたはジメチルMEAと言います。
イワシなどの青魚に含まれる安全な成分で神経伝達物質であるアセチルコリンと同じ働きの性質を持ちます。
脳の中枢神経を活発にすることからアメリカではアルツハイマーを予防して記憶力や行動力を高める若返りサプリメントとしても人気が高く有名です。
もともと脳に指令を出す神経伝達物質として体内に存在していますが、減少すると二度と生成されないため、 サプリメントや化粧品で外側から補う必要があります。
年齢を重ねていくと、長期間にわたって紫外線を浴びてきたことのダメージや、ストレス、栄養のバランスの崩れ、 嗜好品(酒・たばこなど)などによって、神経伝達のバランスもくずれてしまい、お顔の筋肉が弱まりたるみが起きてきます。
DMAEは皮膚細胞に含まれるアセチルコリンと同じ作用を持ち、弱った筋肉の神経伝達を緊張させて肌のハリを取戻し、 たるみやしわを改善し、さらには血液循環作用によってくすみやむくみを取り去ります。
通常の化粧品では表皮からだけのアプローチしか出来ませんでしたが、筋肉にまで働きかける成分として世界的にも注目されおり、 即効性及び長期的な効果も見込めることから美容医療では小顔やたるみ改善専用の薬としてすでに治療に用いられています。
DMAEについて知名度の高い研究者の一人であるアメリカイエール大学皮膚科学の教授ニコラス・ペリコン博士によると、 被験者の90%がローションを塗布した30分後に、肌色が明るくなり24時間の引締め効果が現れ、 長期間の使用でフェイスラインがシャープになった、しわが薄くなったなど、たるまない肌からたるませない肌へ のリフトアップ効果の持続が実証されました。

商品ラインアップ